飲食店でposレジを導入したらどんなメリットがあるのか

posの意味について

「商品を販売した時点」という意味のあるpos。レジを選ぶ際に調べ物をしているとよく出てくる単語がposではないでしょうか。このposシステムは、販売データを会計した時点で集めることができ、売上の管理がとても楽にできるシステムです。こちらでは、飲食店の経営をお考えの方向けにposレジのメリットについてご紹介いたします。

飲食店でposレジを利用するメリット

作業の効率化が可能

posレジは会計時に売上情報を記録するため、人の代わりにレジ締めの作業をしてくれます。また、オーダーエントリーという注文受付を自動でしてくれるシステムを導入することで、スタッフの負担も軽減でき、会計にかかる時間も短くすることができます。

経営戦略を練るためのデータを集めることができる

商品が売れた時間や売れた数をリアルタイムで確認・記録することができ、在庫数の管理も簡単にできます。また、過去の売上データの記録もしっかり残っているため、前の年の売れ筋商品や顧客情報なども確認することができ、今後の品揃えやメニューの開発などにも役立てることができます。

セキュリティを強化できる

誰がどの時間に会計を行ったかの記録もきちんと残るため、レジ打ちの際の不正も防ぐことができ安心です。また、商品や金額を覚える必要がなく、新人スタッフでも簡単に会計作業を行うことができるので、混雑時にはとても役立つでしょう。

打ち間違いを防止できる

先に商品情報や金額を設定できます。ですので会計時に打ち間違いをすることがなくなり、お客様を待たせてしまったり会計後にクレームが入ることも事前に防ぐことができます。

経営管理がしやすくなる

複数店舗を出店するとなると、大変なのが売上の管理です。posレジを利用することで各店舗の売上情報を連携させることができ、数字の管理をしやすくなるので、経営管理も従来の方法と比べるととても楽になるでしょう。

posのメリットや注意点

システム

posレジを導入する際は

posレジを導入する際に、まずは置き場所を考えましょう。スタッフの動きやネット環境なども考慮し、置き場所を決めるようにしましょう。導入後に問題が起きないように打ち合わせをすることが大切です。

posシステムの配置が完了したら

posシステムの配置を全て完了したら、次はメニューやposレジの設定をします。その際は正確な資料を見ながら設定を行うようにしましょう。商品の金額などの入力でミスがあると大変ですので、注意して設定を行うようにしましょう。

posレジ導入の注意点

posレジを購入する際は、保証期間をきちんと確認するようにしましょう。レンタルする場合も契約期間や保守費用について確認しておくことをおすすめします。posシステムを使用し運営を進めていく際に出てきた不具合や疑問などは、メーカーにすぐに問い合わせて確認するようにしましょう。